中欧旅行 チェコ

そろそろ今年も前半が終わりを迎えますね

えっ、もう?…

後輩の「旅行記も楽しみにしています」の一声で思い出しました

昨年の中欧旅行、1年が経過する前に旅行記再開です(笑)



2018年8月の中欧旅行 盛りだくさんなチェコ編です♪


半袖で少し汗ばむ陽気は前日のスロバキアまで

雨雲が時折顔を出し始め、肌寒い観光となりました

小雨が降る中、目指すはプラハ歴史地区!

近づいてきました、プラハ城

見えたとたん写真を撮りだすお上りさんです^^

入城し改めて1枚、聖ヴィート大聖堂

厳かな雰囲気が漂っています

大迫力!

聖ヴィート教会で有名なのが

チェコを代表するアール・ヌーヴォーの芸術家、ミュシャのステンドグラス

とご紹介したいところですが写真に撮っておらず(T_T)

他のステンドグラスも十分美しかったです


次はカレル橋へ

ヨーロッパは石畳の道が多いですよね

プラハもいたる所が石畳でした

味わいがあってとっても素敵ですが

雨も本降りになり足下が滑って危うく転びそうに!

雨の石畳には気をつけましょう

街を歩いているとどこからか楽器の音色も聞こえてきます

チェコも音楽留学が盛んな国ですもんね

のだめカンタービレのロケも行われたとか?

おかげで頭の中ではずっとのだめカンタービレのオープニング曲が流れていました

カレル橋のマラー・ストラナ側の橋塔に到着

振り返ると

どこを撮っても素敵!

しかも青空

カレル橋、右を見ても左を見ても素敵な風景が広がっていました

高台に見えるのはプラハ城

さらに旧市街広場へと向かいます

この辺りは観光客で賑やかです

左手は聖ミクラーシュ教会

ウェディングフォトを撮られている方がたくさんいました

素敵な思い出になりますね^^

マリオネット(操り人形)もショーウィンドウでよく見掛けました

マリオネットはチェコの伝統文化だそうです



更に南部へ移動してチェスキー・クルムロフへも行きました

まずはお城の塔から見える景色から

お伽の国を覗いているようです

16世紀に建てられた建物が当時のまま多く保存され

世界で一番美しい街と言われる街です

この町の特徴はだまし絵

財政難でも建築装飾を諦めきれずにだまし絵を施したようです

↓こちらの壁もだまし絵です

徐々に下ってくるとお店やホテルが並んでいます

川沿いのカフェ

どこを撮ってもかわいらしい♪

見上げた先がチェスキー・クルムロフ城

この街には宿泊してお店を覗いたり

路地裏を散策してみたりゆっくり滞在してみたかったです


雨に降られたりとどんよりした空に覆われた日が多かったチェコ

堂々とした佇まいだったり、おとぎ話の世界のようだったり

様々な表情に魅せられたチェコでした

もっと時間が欲しかった!



そもそも写真の数が多いので

8日間の旅、1カ国を1記事に詰め込むのは予想以上に大変

でも忘れないうちに

次回は4カ国目ラストの国オーストリアです




Milari

クレイフラワーショップ Milari Living with flowers・・・ 甘すぎず、落ち着いたインテリアに自然と馴染む 大人の空間作りをお手伝いします

0コメント

  • 1000 / 1000